わかりやすい、はじめやすい信用取引

信用取引を始めるにはまず口座を開く必要がある

株式の取引には信用取引といものがあり、自分の資金以上の取引ができ、手数料も安いということで、多くの株式トレーダーは信用取引での売買を行っています。 しかし、信用取引で株式の取引を行うに当たっては、まず株式を扱っている証券会社に自分の口座を開く必要があります。口座を開くには特別なお金は必要ではなく、最近ではインターネットからでも簡単に申し込むことができます。証券会社といってもたくさんありますが、信用取引におけるルールは共通しているので、その点は心配する必要がありません。しかし、これまでの運営歴が長く、評判のよい証券会社に口座を開いた方が自分の資金を預けることになるので、安心ということが言えるでしょう。

信用取引を行うには審査をパスする必要がある

証券会社に口座を開いたからといって、すぐに信用取引を始めることができるわけではありません。信用取引を始めるに当たっては、次に審査を受ける必要があります。通常は、証券会社から電話がかかってきますから、その質問に答えるだけで行っていきます。 質問内容に関しては、信用取引に関する基本的な知識があるかどうかを問うものであり、ある程度事前に学習しておけば、特に問題なく審査をパスすることができます。なぜ、このような審査が必要になってくるのかというと、信用取引の場合は、証券会社からお金を借りて、その資金で取引をすることになるので、信用取引に関するリスクを知らない人には、信用取引を提供できないということになります。 信用取引の審査をパスすることができれば、豊富な資金でトレードを行うことができるようになります。