信用取引は比較的安全な投資です

信用取引はとても儲けるチャンスが多くて大きな資金を動かせます

信用取引は証券会社に預けている自己資金の数倍の資金を運用できるので、自分の持っている資金以上の大儲けが狙える取引です。また一般的な取引では買いしかできないのに対して、信用取引では売りもできるようになり下げ相場の時でも儲けるチャンスが多くなります。 デイトレードをする場合でも一般的な取引では証券会社に預けている資金を回して取引をする為に取引回数に制限がかかるのに対して、信用取引の場合にはそのような制限がかからないので何回でも小刻みに利益を狙う事ができるようになっています。信用取引を始める為には証券会社に信用取引の口座を開設する申し込みをしないといけないです。「特定口座」にすれば税金も証券会社の方で徴収してもらえるのでとても便利です。

信用取引をする時にはストップを置く事で自分の財産を守れます☆

信用取引では自己資金の何倍もの資金を動かせるようになるので、儲かる時は大きいですが損をする時も大きいのが現実です。大損をする時は買った株が値下がりしたとか、売った株が値上がりした時です。そう言う時に自分の財産を守る為に「ストップ」を買いや売りの注文が成立した時に設定すれば良いです。「ストップ」の注文は逆指値の注文で入れる事ができます。 「ストップ」は注文した価格からあまりにも近いと直ぐに執行されてしまいますから勝率が悪くなります。しかしストップを注文した価格からあまりにも離れた所に置くと負けた時のドローダウンが大きくなるので、「ストップ」の位置は十分に勉強しないといけないでしょう。「ストップ」を置く事で自分の財産を吹き飛ばされないようになります。